2007年11月29日

取り分の割合次第でえらいことになる

いったい節税した金額をどう分けるかが一つの課題として浮かび上がってきました。(お知恵をいただいた方どうもありがとうございます)

■事例1
 お客さん50%
 税理士50%
これ、非常にわかりやすい「山分け」ルールですね。
ある意味、ものすごい金額になりそうですので、かなりの提案をしないといけないですね。しかし、大前提の調査で否認された場合に成果報酬をお返しするということからすると、もらったはいいけど、こっちも税金がかかるし、比較的節税のしにくい個人事業でやっていたりすると、半分持って行かれてしまいます。
そこで、税務調査で否認となって返金するとすると・・・。

税理士事務所がつぶれます

単発ものの場合、個人事業でもらいすぎるのも恐いところがあります。
法人が使えればいいのですが、税理士法人をつくってこの巨大なリスクを共有してくれる人がどれだけこの業界にいるのか???です。

そんなこんなで、受注できる案件が非常に限られてきてしまいます。

■事例2
 お客さん90%
 税理士10%

うーん、この数字を見ただけですーっとやる気が失せたのは私だけでしょうか。通達や法律をひもといて、隙間をつつき、あまりやり過ぎると多々働きになり、かつ、何かすごいことを見つけないとお金ももらえないのに、100万円お金をつくり出しても、たった10万円。
しかも、節税対策をお客様に説明して理解してもらうだけでこの割合だけだと負担になります。

→難易度と報酬がまったく見合わないですね。

■事例3
 お客さん70%
 税理士30%

個人的には、なぜかいい線を行っているように見えてきました。税理士側でもあまり負担に感じない割合ですし、ある程度やる気も出ますね。

→うん、いいですね。

それでは、逆にお客様の立場だとどうかというと、
まぁ、妥当ですね。

この割合だったら、私も実際にお願いしたいですね。
経営者的なセンスから言うと、全然負担感がないです。
そういえば、人材紹介などもこのあたりの率ですね。




ちょっと、返金保証を外した場合で経営者の視点で考えてみると、全く違った見え方がしてきます。

とたんに3割は怪しいと見えてきますね。

なんとなく1割がどうあがいても限度のような気がします。
時間請求で高く取られるのも何なので、やはり1割までですね。

100万円ぐらい税金を下げたら、10万円というところですね。
確かにそんなものかな。

とはいえ、本当に大丈夫かなという心配はついて回ります。

「完全返金保証」は思っている以上に重要なファクターようですね。  

Posted by ユナイテッド・アドバイザーズ株式会社 at 22:29お金が貯まる会社のつくりかた

2007年11月28日

完全成果報酬型節税対策の大きなメリット

節税と一口に言っても、本に書いてあるようなちょっとしたものから、法令や通達が存在せず、解釈論と証拠固めからしか導き出せないような高度な節税まで、非常に幅広いものがあるのをご存じでしょうか。

普通の方だと、一般的なゾーンにあるちょっとした対策だけで終わってしまっているところが非常に多いのです。

それはなぜでしょう。

私なりに理由を考えてみたところ、そもそもがんばって節税するメリットが税理士側にないのです。
つまり、がんばればがんばるほど作業量も増えるし、税務署に否認されて怒られるリスクも増えるので、がんばらない方への強いインセンティブが働きます。

「安もの買いの銭失い」とはよく言ったもので、考えてみたらまさにこれなのです。

私自身、顧問税理士を使っている珍しい経営者視点の税理士なので、経営者的な視点も持ち合わせています。経営者の視点から考えると、この点はやはり大きな問題があると言わざるを得ません。

どうすればいいのか?

税理士サイドから考えてしまうと、お客様に取っては「そんなのおたくの都合でしょ」と言うことになりますので、やはり経営者サイドから考えてみましょう。

次第にいろいろなことが見えてきます。

つまり、節税提案は成果報酬型で行ってもらった方がより良い提案が出てくるということです。当然きちんと時間をかけてもらってかまいませんし、経営者側としても税金を減らせるのであれば、お金を払うことに何ら抵抗感はありません

しかし、

後日税務調査で追徴税額を取られるのは困ります

何か、税理士と利害を一致させる良い方法はないでしょうか。

たとえば、追徴されたのであれば該当する成果報酬を返してもらうというのはどうでしょう。
確かに、税理士とも利害が一致するので、お互いに良い方向にベクトルが合いますね。

それでは、損害賠償を予定する条項を契約に入れるとするとどうでしょう。
経営者サイドからすると安心かもしれませんが、税理士側は高いリスクを負うことになりますので、当然ながら何でこんな安い金額で大きなリスクを負わなければいけないんだということになり、保守的な節税で止まってしまいます。

これは経営者として本意ではありませんね。

そうすると、やはり成果報酬部分のの返金保証が良いようです。

しかも、さらに良いことに税理士側も自分の懐が痛むことになりますから、税務調査時に自分のことのように戦うことを強いられます。もはや人ごとでは済まないのです。

税理士事務所に税務調査がなかなかこない(ノルマの消化はあるようですが)ことから想像できるように、税理士が本気になって税務署員と戦うと、向こうも時間がかかるし、余計な手間がかかるので効率が悪くなるのです。

やはり、いろいろと考えていくとこの成果報酬と返金保証の組み合わせがベストのような気がします。

後は何パーセントもらうかという点ですね。

まあ、焦らず、明日にしましょう。  

Posted by ユナイテッド・アドバイザーズ株式会社 at 23:10お金が貯まる会社のつくりかた

2007年11月27日

予定申告の納税額をビックリするぐらい下げる唯一の方法

前期の税額が多めだと、次の期になって6ヶ月後を基準として2ヶ月以内に前期の税額の半分を支払う必要があります。

放っておくと半分で確定してしまうのですが、あまり業績が良くないとか(そもそも役員報酬を上げるわけですが)であまり利益が出ていない場合は、仮決算をして申告すると納めなければいけない税額が減少します。

ということで、実際にやってみましたが、「普通の決算と何ら変わりない」手間なので非常に大変です。安易に「納付額が減るからやってみましょうよ」なんて言うものではありませんね。。。  

Posted by ユナイテッド・アドバイザーズ株式会社 at 22:59お金が貯まる会社のつくりかた

2007年11月22日

具体例で学ぶ、「会社にお金を残す」ための実践セミナー

44389.jpgいつもご好評をいただいているセミナーを開催します。

詳細はこちら
この内容はもう4回目で、毎回満席での開催になっています。

私が言うのも何ですが、世の中の多くの方が、学んだことを一つも実践しないなか、多くの会社様がこの内容を実践して実績を出しているというセミナーです。

秘密は、参加型の事例が・・・ほにゃららら〜。
(ついつい書きすぎてしまう癖が抜けません)

他にもいろいろとセミナーがありますのでご申し込みはお早めに。  

Posted by ユナイテッド・アドバイザーズ株式会社 at 00:16お金が貯まる会社のつくりかた

2007年11月20日

書籍の出版が決まりました

小さな会社の継がせ方(著)ユナイテッド・アドバイザーズ(株),茶谷 豪
小さな会社の継がせ方
出版社/メーカー:日本実業出版社
価格:¥ 1,680
ISBN/ASIN:4534043171
Rating:ZERO


ということで、もともとドリームゲートアドバイザーだった取締役6人全員で書いています。初めての人にもわかりやすく事例を使って説明していますので、事業承継の入門書として最適です。  

Posted by ユナイテッド・アドバイザーズ株式会社 at 20:58お金が貯まる会社のつくりかた

2007年11月20日

酒酒酒

44341.jpgうーん、やはりこれも一度やめてしまうと飲み物に見えない。
冷蔵庫にたくさん入っているが、さっぱり減らない。  

Posted by ユナイテッド・アドバイザーズ株式会社 at 00:24お金が貯まる会社のつくりかた

2007年11月16日

肉肉肉

FJ144_L.jpg

うーん、最近肉を全く食べていない。

昔はよく焼き肉に行っておなかのあたりに脂肪をため込んだものだが、一度食べるのをやめてしまうと、すでに食べ物に見えない!

そのためか、野菜の味がわかるようになってきて、野菜が好物になってしまった。  

Posted by ユナイテッド・アドバイザーズ株式会社 at 23:25その他

2007年11月15日

倒産防止共済を忘れてました

ちょうど子会社の決算が終わって銀行にご挨拶にお伺いしましたところ、倒産防止共済のご紹介をいただきました。

知ってはいたのですが、手形を扱っているところしか関係ないというような漠然としたイメージを持っていまして、あまり気にも止めていなかったところ、よく考えてみるといざというときに掛け金の10倍の借り入れを無利息・無担保でできるし、全額損金にしながら貯めておき、40ヶ月以降であれば100%返ってくるというすばらしい商品ではないですか。

定期積金は経費になりませんが、節税しつつお金が貯まり、いざというときの保険もついているわけです
さっそく契約することにしました。

気になる方がいらっしゃいましたらご紹介させていただきますので、インターネット相談やメールでご連絡ください。  

Posted by ユナイテッド・アドバイザーズ株式会社 at 22:05お金が貯まる会社のつくりかた

2007年11月14日

電子申告の研修

今日は、税理士会の研修で、地方税の電子申告についての研修を受けてきました。

国税のe−Taxに比べて開始が1年遅れたためか、マイナーな存在のeLTaxですが、複数の県にまたがっているような会社の場合は、かなり使い勝手が良さそうです。

こちらも、会社で電子証明を取らなくても税理士の電子証明書だけで動かせますので、便利になりました。  

Posted by ユナイテッド・アドバイザーズ株式会社 at 23:52お金が貯まる会社のつくりかた

2007年11月13日

支払い業務の効率化

取引銀行がたくさんあったり、振り込み件数が多くなってくると月末にひどい目に遭います。しかも、銀行が込むしネットバンキングは遅いしなど何とかしたいと思っていたところで、こんなサービスを見つけました。

まだ申し込んだばかりですが、まとめて振り込みができるのと、振り込み手数料が安くなるというのが気に入りました。
インターネットバンキングは使っているのですが、夜に使えなかったり、いろいろと制約があったりと面倒だったので、早く使えるようにならないかと楽しみにしています。

後日使い勝手などについてもレポートさせていただきます。  

Posted by ユナイテッド・アドバイザーズ株式会社 at 16:47お金が貯まる会社のつくりかた

2007年11月13日

何年ぶりかのキャンプファイヤー

ラーニングエッジの社員たちと1日合宿をしてきました。

何年ぶりかな、キャンプファイヤーをしました。あまり大きいのはできませんでしたが、普段の仕事を離れて会社の歴史や、これから進むべき方向などをいろいろと考えました。たまにはこういう時間もいいですね。

071112.jpg  

Posted by ユナイテッド・アドバイザーズ株式会社 at 00:46お金が貯まる会社のつくりかた

2007年11月10日

親切心にありがとう

昨日は朝から携帯電話を忘れて、あわてて自宅に戻ってバスに飛び乗りました。当然汗だく状態です。

そんな状態で座っていると、こんなに寒いのにどうして汗だくなのか不思議に思った白髪のおばあちゃんから、「どうぞ、このハンカチを使ってください」とハンカチをいただきました。

どうやら、熱があるのかと心配していただいたようです。

その後、すぐにおばあちゃんは降りてしまったので、ハンカチをお返しすることができなくなってしまいましたが、暖かい気持ちに触れることができて、感謝で始まった一日です。

ありがとうございます。  

Posted by ユナイテッド・アドバイザーズ株式会社 at 01:37お金が貯まる会社のつくりかた

2007年11月08日

事務所と携帯間の通話料をタダにする方法

最近、通信関係の会社と提携した関係でいろいろと裏技を教えてもらえます。

・社員に携帯電話を持たせて、会社の業務に使っている会社
・社員の携帯代を負担している会社

はい、ご愁傷様です。
今まで払っていた通話料はお金をドブに捨てていたということになります。
そんなお金があるのなら、フォスタープランを通して恵まれない子どもに寄付してください!来年末までに100名の子どもを育てたいので、よろしくお願いします。

直接リンクが張れないので、無料インターネット相談で聞いてもらえればご紹介させていただきます。

ちなみに、うちは「自腹」なので、もともと削減効果がありませんでした。残念!  

Posted by ユナイテッド・アドバイザーズ株式会社 at 23:36お金が貯まる会社のつくりかた

2007年11月07日

コスト感覚の違い

いろいろな経営者と話していると、コスト感覚にずれがあるなと思うときがあります。これは別に悪い意味ではなくて、本当にそう感じたということです。

私みたいに、余計なコストをかけずに、広いオフィスや豪華な備品なんていらないと考えるタイプの経営者もいますが、その対局に、見た目にすごくお金をかけて、売上げの単価を上げていくというタイプの経営者もいます。

確かに話を聞いてみると、内装に500万かかったとしても、売上げを250万円余計に上げることができれば、2回で回収できてしまうでしょ。後は全部利益ですよ。

と言ってました。

なるほどと思ってしまいます。  

Posted by ユナイテッド・アドバイザーズ株式会社 at 23:57お金が貯まる会社のつくりかた

2007年11月07日

顧問社労士がいる社労士は本当にいるのか?

やっぱりいるのですね。
当然うちです。

もうやめられません。
プライバシーがあったりするので、こんな狭いオフィスで給与の計算やらチェックなんて考えられません。
外部にお願いした方が、コストも安いですし、情報の漏れも気にしないでかまいません。

それと、社内で計算したデータをチェックしてもらえるし、社保事務所やハローワークにも行く必要がなくなり、かなりお気に入りです。

皆さんも社労士を使った方がいいですよ。

書いてて不思議なのですが、当社も同じサービスを提供しているのですよね。それで利益が出るということは何でだろうと考えると、私や管理の人間など単価の高い人が余計な作業をすると割が合わないということが理由のようです。

経営者は仕事を取ってきたり、戦略を考えたりするのが仕事なのです。  

Posted by ユナイテッド・アドバイザーズ株式会社 at 00:36お金が貯まる会社のつくりかた

2007年11月06日

節税をしない人はいるのか?

これ、確かに存在しますね。
何人か思い浮かびます。

こそこそ節税するぐらいだったら、払うものは支払って、もっと儲かることに頭を使う方がよいという方々です。
当然、お金が出ていかない節税はするわけなのですが、不必要な保険や無理な報酬設定などはせずに、どんどん会社を伸ばしていくわけです。

案外、自分が倒れたときの保険をかけ忘れていたりするので、きちんと指摘すると入ってくれたりはしますので、ある意味合理的なところにはお金を使うけど、税金なんかより、会社を伸ばすことに集中している方々なのかもしれません。

お話を伺っていると、「確かに」と納得させられます。  

Posted by ユナイテッド・アドバイザーズ株式会社 at 01:13お金が貯まる会社のつくりかた

2007年11月02日

フットワークとアイディアの意外な関係

最近人と会ってばかりいるのですが、それに比例して新たなアイディアが出てくる確率が非常に高まりました。

普段と同じ人とばかり会っていても新しいものはなかなか出てこないので、積極的に人に会いに行くというのは、新しいアイディアを生み出す種なのかもしれません。
皆さん考え方が違いますし、仕事をしている世界も違うので、ちょっと話をしただけで新たな発見があります。

ちょうどスタッフが育ってきて、実務的な作業から解放されているというのもあるのですが、非常に充実した毎日を送っています。  

Posted by ユナイテッド・アドバイザーズ株式会社 at 23:01お金が貯まる会社のつくりかた

2007年11月02日

資格予備校のパンフレット

ちょうど資格試験の予備校から講座のパンフレットが届きました。
これだけ資格があると、だいたいどこかで勉強していますので、お得意様というわけです。

とはいえ、もう合格しているんだから送ってこなくても良いのですが、次の年のパンフレットが届くのもどうかと思います・・・。

合格したかどうかのアンケートを取って、合格した人には違う資格のパンフレットや割引クーポンでも送ってくれればいいのにと思うこの頃です。

ちなみに、来年の4月からは学生起業家になる予定です。学割もパソコンソフトのアカデミックパックも買い放題といういいご身分です。  

Posted by ユナイテッド・アドバイザーズ株式会社 at 00:02お金が貯まる会社のつくりかた

2007年11月01日

経理担当者の引き継ぎ

現在、当社の経理・財務担当者が退職するので引き継ぎをしているところです。業務を並べてみると、こんなにあったのかというぐらい出てきます。

本当に頭が下がる思いです。

以前は私一人ですべてやっていたので、なかなか事業が拡大しませんでしたが、有能な経理・財務担当者を採用できれば会社が大きく伸びるというのがよくわかります。

多少無理してでも、能力のある人を雇って、社長が営業活動に邁進できる環境をつくるということも必要なことかと思います。  

Posted by ユナイテッド・アドバイザーズ株式会社 at 01:22お金が貯まる会社のつくりかた