2006年12月11日

こんなちょっとした飲み代ぐらい交際費にしておいてよ

社長の友達はやはり社長が多いようで、従業員には言えないようなことでも社長どうしで語り合っていたりするものです。

「使い込み社長の反撃3」
「使い込み社長」
こんなちょっとした飲み代ぐらい交際費にしておいてよ

「お金を貯める経理担当者」
はい。わかりました。
最近税法が変わって、1人あたり5000円までは会議費で大丈夫なのできちんと書類を書いていただければ大丈夫です。もちろん税金も安くなりますよ。
相手先の会社名と役職・氏名、合計人数、可能であればおまかな内容や目的まで記入していただき、きちんと領収書をつけていただければバッチリです。
でも、嘘を書いてはだめですよ。また、特定の従業員と飲みに行くような場合はこの扱いがないので、だめです。


よーく考えてみると、1人5000円でまともな接待できるわけないじゃないかと気づきますけど、気のせいでしょうか。まぁ、税務署さんの感覚で言うとこのぐらいの金額でも十分接待できると言うことだと思いますので、我々経営者としても従うことにしましょう。
ちなみに、中小企業といえど、年間400万円を超えた部分は全く経費にならないので、もともと高い役員報酬をもらっているのだから社長として自腹を切るのも「粋」なものです。「領収書はいらないよ!」とか。

(うちは特定のスタッフとの飲食は酒が入ったら社長の自腹になっています。。。最悪の場合、福利厚生費にもならずに、交際費として給与課税されかねないので。)


同じカテゴリー(お金が貯まる会社のつくりかた)の記事
セミナー情報
セミナー情報(2010-11-24 00:36)

書籍が出版されます
書籍が出版されます(2009-01-06 10:15)

新年のご挨拶
新年のご挨拶(2009-01-05 12:43)


Posted by ユナイテッド・アドバイザーズ株式会社 at 14:30 │お金が貯まる会社のつくりかた