2010年12月30日

最も高い税率の税金は贈与税?(Yes,No)

日本で最も高い税率の税金は贈与税といわれています。

それもそのはず、相続税を払いたくないために家族に贈与をする人が増えてしまうため、相続税より高くしておかないといけないのです。

でも、税金を広く「国が持って行ってしまうもの」と考えると世界が変わって見えます。

最近では熟年離婚や子どものいない夫婦が増えているため、気づけば一人になっていることもあります。
ひっそり亡くなっていても誰も気づかないということもあるようです。いわゆる孤独死です。

そうなると、その人の財産はどうなるのでしょうか。

配偶者が先に亡くなっていたり、未婚で子どももいない。親も亡くなっていて一人っ子のため兄弟がいないとすると、法定相続人は誰もいなくなってしまいます。

そうすると、なんとすべて国が持って行ってしまうことになるのです。
これ、税率100%の税金ですよね。

財産没収です。


いくらあっても没収です。


ほんとにです。



でも、遺言書があれば、親身になって世話をしてくれた方や、支援したい慈善事業などに寄付をすることもできます。なければ没収です。間違いなく。

認知症になってからでは遺言書も書けませんので、没収が確実です。

これ、かなり怖いことですよね。


そんなに難しいものではありませんから、早いうちに遺言書を準備しておきましょう。



もし、会社の株式の大半をもっているような方だったら、一瞬で国営化?の憂き目に遭ってしまいますので、会社に関係する多くの人たちのために、くれぐれもご用心ください。


ちなみに、贈与の非課税枠は年末までに使いましょうね。
小さくても毎年使えばその差は大きくなります。



P.S.もっと学んでみたいと思う方におすすめです。

■「夫婦のための遺言書セミナー」(無料)
日時:1/17(月)14時~ 場所:新宿
http://www.seminars.jp/s/46038



同じカテゴリー(Q&A小ネタ集)の記事
相続説増税のゆくえ
相続説増税のゆくえ(2010-12-24 19:54)


Posted by ユナイテッド・アドバイザーズ株式会社 at 00:08│Comments(0)Q&A小ネタ集
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。